ホーム > 調べよう家電と省エネ > 買換(かいか)え効果を調べてみよう > 温水洗浄便座(おんすいせんじょうべんざ)買換(かいか)え効果

電気代を節約
温水洗浄便座(おんすいせんじょうべんざ)買換(かいか)え効果

10年前の温水洗浄便座(おんすいせんじょうべんざ)買換(かいか)えたときのメリットは?

温水洗浄便座(おんすいせんじょうべんざ)は、10年前と(くら)べると瞬間式で約7%の省エネ効果(こうか)があるよ

最新の製品(せいひん)でタイマー節電とその他の節電機能(きのう)を使うことで、かしこく節電できるよ。また、消費電力量だけでなく、節水も大事な省エネのポイントになるよ。

10年前の温水洗浄便座(おんすいせんじょうべんざ)との年間消費電力量の比較

貯湯式

年間電気代
約620円
おトク!

瞬間(しゅんかん)

年間電気代
約220円
おトク!

  • 節電機能を使用した場合。出典:資源エネルギー庁「省エネ性能カタログ」の機種一覧における単純平均値(2011年冬版/2021年版)
  • 年間電気代は、年間消費電力量に電気料金目安単価* 31円/kWh(税込)を乗じて算出した目安です。
    *電力料金目安単価:公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会(2022年7月22日改定)
  • 各家庭の使用実態や電力会社等によって異なり、その金額を保証するものではありません。

家庭における電気の使用量

家庭における電気の使用量グラフ
  • 出典:資源エネルギー庁 平成21年度 民生部門エネルギー消費実態調査および機器の使用に関する補足調査より日本エネルギー経済研究所が試算(エアコンは2009年の冷夏・暖冬の影響含む)
ページの先頭に戻る